TOKYO WALKMAN

TOKYO WALKMAN

8組の歩く男達。

2012 年、『都市における表現の発展』をコンセプトに、グラフィティ、ストリートカルチャーに影響を受けたアーティストによる自主企画展覧会として活動をスタートさせた「SIDE CORE」。そのSIDE COREが現在開催している最新のプロジェクト『TOKYO WALKMAN』。小畑多丘、MARK DREW、MADSAKIなど、FRANKとゆかりのあるアーティストたちも参加するこちらのエキシビジョン。1979年にSONYから発売されたWALKMANという世界の常識を変えた革新的なプロダクトの存在をポータブルメディアに置き換え、SIDE COREのコンセプトである『都市における表現の発展』をテーマとした展覧会となっている。会場はhiromiyoshiiギャラリーにて、会期は2015年10月10日(土)まで。

 

SIDE CORE -TOKYO WALKMAN-

1979年、SONY社からWALKMANという和製英語のプロダクトが発売され、全世界的なヒットとなった。WALKMANのヒットは街に音楽を流すという発想から、人に音楽を流すという転換にあった。つまり一つの同じ公共空間に居ながら人々は別々の音楽を聴くことが可能になり、それぞれの”視点”において公共空間に異なる見方/感じ方をすることが促されたということである。本企画では、そのようなポータブル・メディアによる都市空間における表現の拡張をテーマとしている。都市空間において、特に東京という都市においては個人が公共空間に介入していくことは極端に難しく、いとも簡単に警戒・排除の対象にされてしまう。公園から遊具が消え、ドローンは早速議論の的となり、ネット上の発言は監視され、自転車での移動までも厳しく見張られている。しかし規制や自主規制が強化される今だからこそ、公共空間に新しい自由をもたらす、ポータブル・メディアの発想と新たな視点の提案が求められている。

http://www.sidecore.net

 

アーティスト:EVERYDAY HOLIDAY SQUAD|MADSAKI|Mark Drew|菊地良太|小畑多丘|TENGAone|松下徹|yang02

会期: 2015年10月10日(土)まで

開廊時間:13:00 – 19:00

休廊:日・月・祝日

会場:hiromiyoshii roppongi

〒106-0032
東京都港区六本木5-9-20
www.hiromiyoshii.com

TAKU OBATA

taku-obata-jp-zupi-1

 

MADSAKI

MADSAKI_Book_5

 

Mark Drew

BrisShow-MarkDrew

 

菊地良太

1000x460_1_90_0

 

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD

EVERYDAYHORIDAYSQUAD

 

松下徹

bond2

 

yang02

IMG_3853

 

TENGA ONE

029