PATTA X VANS

PATTA X VANS

patta_vans_mediaimage

PATTA、初となるVANSとのコラボレーションを発表。

本日はFRANK STOREで取り扱っておりますオランダはアムステルダム発のスニーカーブティック『PATTA』のストーリーと最新プロジェクトをご紹介。

『PATTA』は2004年にオーナーである『EDSON』と『GEE』の二人が、自分たちが納得のいくスニーカーブティックが彼らの地元アムステルダムになかった事をきっかけにオープン。当初は彼ら自身が世界中を駆け巡り、彼らのお眼鏡にかなう様々なスニーカーをピックアップし、店頭で取り扱うところからスタートしている。

『PATTA』とは彼らの出身である南アメリカはスリナムの言葉で『シューズ』を意味する言葉。
当時ニューヨーク, 東京にも店舗を展開していたレコードショップ / レーベル『FAT BEATS』アムステルダム店を運営していた彼らのネットワークを駆使し、瞬く間にヨーロッパのスニーカー / カルチャーシーンを牽引する存在となる。

オープン当時、まだ希有な存在であったプレミアムスニーカーブティックとしてバズを起こし続ける彼らをスニーカーブランドが放っておく訳もなく、彼らのカルチャーをバックグラウンドに据えた様々なプロジェクトを展開するようになります。

CONVERSE, KANGOL, ASICS, PENFIELD, NIKE, adidas, STUSSY, Carharttなど、様々なトップブランドとのプロジェクトからリリースされたプロダクトとその希少性が話題を呼び、ヨーロッパはもとより世界のカルチャーシーンから注目を集める存在になりました。

現在もヨーロッパ随一のスニーカーブティックとしてプレミアムなセレクションを展開しつつ、現在はPATTAオリジナルのプロダクトラインを制作しており、世界各国の限られたセレクトショップで展開されている。

そしてつい先日、PATTA初となる『VANS』とのコラボレーションプロジェクトが発表されました。

VANSの名作『OLD SKOOL』をベースにしたこちらのモデル。スウェード、キャンバス、ラバーの異素材を黒で統一、PATTAのアイコンであるスクリプトロゴをサイドアッパーに大きくあしらい、シューレースには『TEAM PATTA』、そしてソールのサイド部分には『MEAN EYED CAT』のレターがプリントされている。

発表されるやいなや、既に海外のウェブサイトでもノイズを巻き起こしているこのプロジェクト。9月25日発売開始となるこちらのスペシャルなモデル、実は世界広しといえども日本が誇るセレクトショップ『BEAMS T HARAJUKU』だけでの取り扱い。

というわけで、海外のスニーカーヘッズ達からつっこまれること間違いナシのスペシャルプロダクトなのです。

PATTA
PATTA at FRANK STORE