【FRANK FRIDAY】
イースト・オークランドの
BIKEムーブメント。

【FRANK FRIDAY】
イースト・オークランドの
BIKEムーブメント。

今回は音楽レビューから少し離れて面白いオークランドのムーブメントを紹介しようと思う。

FB_IMG_1421562497056

カリフォルニア州のベイエリアと呼ばれる一帯に位置するオークランドには様々なカルチャーが存在する。オークランドは湾岸都市として発展した土地で、都会的でリベラルな風土であるかたわら、音楽も盛んな地域。ファンキーロックのレジェンダリーグループ“TOWER OF POWER”、R&B グループ“TONY! TONI! TONE!”、ラッパーとしては様々なギャングスタラッパーに影響を及ぼした “TOO SHORT”、オークランドの90’S BOOM BAPの代表格だった“SOULS OF MISCHIEF”、“DEL THE FUNKEE HOMOSAPIEN”など個性、実力共に素晴らしいラッパーが存在する。ヒップホップが盛んな地域にありがちな事だが、オークランドの治安は最悪で1992年にはコンプトン、リッチモンドに続きカリフォルニア州で3番目に治安の悪い地域として知られていた。この様に治安、生活環境の悪い地域には面白いカルチャーが存在しやすいというフレッシュな一面もある。今回はそんな生活の中から生み出されたであろうイースト・オークランドのBIKE(自転車)ムーブメントを紹介しよう。

 

日本でも数年前からFIXED GEARのBIKEが流行りだし、個人でパーツを揃え、改造して1台作り上げる作業は当たり前の様に行われているが、未だ都内を見渡してもこれから紹介する様な改造BIKEは見た事がない。

SCRAPPER BIKE

イースト・オークランドのSCRAPPER BIKEと言われるシーンは独特だ。
スクラップ寸前のBIKEをパーツでバラし、溶接し、一台のBIKEを組み上げる。そこまではどこかでやってる人がいそうなものではあるが、車好きな人がホイールにこだわりを持つ様に、BIKEのホイールを自らカッティングシートやカラーテープを使用し改造するのだ。その工程は上記の動画をご覧いただきたい。

 

 

FIXED BIKEだけじゃなく MTB,3輪,BMX,TALL BIKEまで どこにでもあるBIKEにカラフルに彩られたホイールをまとい、集団でBIKEを流す光景はとても楽しそうで少年達の目は美しい。

5046770144_f5afde9be8

DIY精神から作られ、BIKEはこうじゃないとダサイとかカテゴライズしない感覚が最高にかっこいい。
元々はイースト・オークランドが発祥となり現在ではBAY AREA全土に拡散されこのムーブメントは広がりを見せている。事実個人的に2010年からこのムーブメントを日本から眺めているが未だ古びる事のない輝きを感じる。

これからもオリジネーター“THE ORIGINAL SCRAPPER BIKE TEAM”やこのシーンには注目しておいて損はないだろう。

 

Text by Sir Y.O.K.O.PoLoGod.