【FRANK FRIDAY】
soakubeats / FAKE

【FRANK FRIDAY】
soakubeats / FAKE

モノが本当にいいモノかどうか、価値を見極める基準の一つとして”本物と偽物”があると思うのだけど、ブランドでいうと本物(REAL)なら素材、作り、重厚感など一際輝いたものがあったりすると思う。しかしコピー品ならそれはただのコピーでどこか違和感のあるただのコピー品。私の中でコピー品と偽物(FAKE)は意味合いが違うと考えている。例えば、私個人で集めているPOLO RALPH RAURENからインスパイアされたあたかもサブブランドの様に装ったブランドの商品はどうかというと、90%が粗悪な作りのものですが、残りの10%は素材、デザイン含め本家を超えてしまうような商品も存在する。これがFAKE。そのようなモノは服、装飾品だけではなく家具、からアート、建築物など存在するが、伝言ゲームみたいなもんで、始まりはコピー、だんだんとFAKEなモノになって、流れ着いてオリジナルになっているパターンも多い。つまりFAKE=きっかけとなる事もあるんじゃないかと。HIPHOPだってオリジナルのコピーからオリジナルに進化するって事多いですよね? そのちょっと本流から外れたサウンドがたまらなかったりして、これって完全に本物主義じゃない人の話ですね。

tumblr_inline_odszutuss81rs2fel_500
soakubeats / FAKE

”FAKE”、”粗悪”といえば最近リリースされた”粗悪ビーツ(soakubeats)”のEP “FAKE”にすごいハマっています。soakubeatsと言えば、決してえぐいモノではないライトホラーな雰囲気のあるアートワーク、UK GRIME、SOUTHを基調としたトラックで着実に話題を作ってきたレーベル”粗悪興業”のレーベルオーナーでありビートメイカー。インターネットで大きな注目を浴びた”††††W††††a††††r††††d††††a††††a†††† feat.onnen”から1st Album “Never Pay 4 Music”が発売された一連の流れは2012年、印象深い出来事だった。

 

その後もラッパーDekishiOnnenのアルバムもリリースし常に話題を振りまいているsoakubeatsが突然itunesにてEPをリリースした。しかも驚いた事に高校生ラップ選手権に出場経験があり、天才高校生(童貞)ラッパーとして一躍日の目を浴びた”dodo”が全曲参加したコラボ的なEPとなっている。フル試聴ができる”GHETTO”を聞くだけでも素晴らしすぎるdodoのラップ、極限まで高められたフロウの中に込めたネガティヴなワードに突拍子もなく生活感が飛び込んでくるリリックが面白い。その他にもLil Yatchy以降のメロディー感なビートに合わせ自分をとりまく身近な問題をラップしている”問題だらけ”など、soakubeatsのサウンドメイキングの進化と同速度で進化を聞かせてくれる。川崎が生んだあのモンスターとは対極のモンスターdodoには今後も注目が必要だろう。

アーティスト名:soakubeats
タイトル:FAKE
レーベル:粗悪興業
発売日:2016年9月20日(火)
価格:1050円
仕様:デジタル
URL:https://itunes.apple.com/jp/album/fake-ep/id1154451441

トラックリスト
1:Seigi feat.Dodo
2:ペヨンジュン feat.Dodo
3:問題だらけ feat.Dodo
4:帝 feat.Dodo
5:Ghetto feat.Dodo

All Songs Produced by soakubeats
Mixed & Mastered By 10goqstudio
Art work by 粗悪治虫

soakubeats ショートインタビュー

▫︎ dodoとのEPを作るきっかけは?

soakubeats : EPリリースのきっかけは、去年、渋谷OTOのパーティーMANGO SANDAEのDJ中にかけるエクスクルーシブをdodoちゃんと作ってました。それが何曲かあったので数曲足してEPにしようという話をdodoちゃんにもちかけました。

▫︎確かdodoくんはアルバム作ってましたよね?

soakubeats : dodoちゃんの1stがなかなか出なくて、聞いてみたら完璧主義になっててできなかったようだったんです。このままアルバム出さないのは勿体無さすぎるので、リハビリがてらに曲作ろうというのがエクスクルーシブ作る前提にありました。

▫︎優しさですね

soakubeats : 完璧主義はハマってしまうとなかなか抜け出せないので、まずは手を抜くことからはじめた方がいいと思ったので、僕との曲は完璧にしなくていい、手加減して作るようにとあえて言いました。dodoちゃんは手加減しても平均点以上の力が出せるから問題ないと思ったので。
そういうのが影響したのか、現在はスランプ脱出したようで、”帝”というEPの収録曲を作った時は半日でアカペラ送ってくるまでになってました。

▫︎今回のタイトルの意味合いは?

soakubeats : 森達也監督の同名の映画に感動したからですが、ミーハーなノリで同じ名前にしたくなったというのが第一にあります。FAKEというネガティブな単語自体も、僕もそんな本物主義みたいなのが好きなだけじゃないから自分にも合っているなと思って気に入ってます!

▫︎dodoくんとのやり取りで印象深い出来事は?

soakubeats : やり取りというかは微妙ですが、スランプ陥ってる時から脱出するまでの変化が印象的でした。このまま辞めてしまうんじゃないかと心配だったので。

▫︎なるほど~ リリースが続かないので僕も心配してました。最近dodoくんに会ってないけど、ラップの内容が結構下ネタが減ってて、大人になったなぁ~と感じたけど、実際どんな様子?

soakubeats : そうですね。確かに性がメインテーマみたいなのはなくなりましたね!
ラップで価値観を変えてやろうという意気込みも感じます。見た目はここ一年近く会ってないのでちょっとわからないんですが、インスタみる限りは髪伸びた以外は変化はみられないですね。

#leak#shit#studio#川崎#dodo

dodoさん(@pokimonisforever)が投稿した動画 –

 

  ▫︎本当だ。全然変わってない(笑)

soakubeats : 色々あったようで精神的に大人になったのかもしれないです。

▫︎soakuくんに話戻りますけど、インスタの粗悪飯すごいですよね。最近は音楽含め何にハマってる?

soakubeats : 最近は西海岸のラップを聴くのが楽しいです。あとジムに週2回行ってるんですが、それがハマっていることですね。

ポケモンGOで疲れ果てたのでポケモンGO定食つくりました!!! soakubeatsさん(@soakubeats3d)が投稿した写真 –

 

▫︎あれ?インスタみる限りポケモンGOハマってるのかと思ったけど(笑)

soakubeats : ヤベェ!ポケモンGOにはまってます。ちょっと熱が下がりましたが…

▫︎ははは。最後に今は何レベ?自慢のポケモンは?

レベル22ですね。
自慢のポケモンは、イーブイをシャワーズと名前をつけて進化させたらシャワーズに成るときいて試した結果表れたブースターです。

自身のレーベル”粗悪興業”のメールマガジン「粗悪興業通信」の特別版が
9/25(SUN)に復活するVincent Radio内で放送されるそうです。
こちらはsoakubeatsと阿部周平さんの2人で行われるそうです。

当日のお昼から12hは vincentradio.com にステイチューンですね。

粗悪興業通信の購読(無料)の仕方
soakubeats@gmail.com 宛に件名に「粗悪興業通信送ってね」と書いてメールすると定期購読が可能だそう。

Text by Sir Y.O.K.O.PoLoGod.