【FRANK WEDNESDAY】SEE WHAT I’M SAYIN’: GANGSTARR Feat. NICE & SMOOTH

【FRANK WEDNESDAY】SEE WHAT I’M SAYIN’: GANGSTARR Feat. NICE & SMOOTH

言ってる意味分かる? :『DWYCK』編。

ほとんどのMC達は自分のことをアーティストと認識するだろう、そこに疑念の余地はない。
想像をキャンバスとして使い、ラッパーが発する一つ一つの言葉はまるで、筆のストロークの様に頭の中に作り出したストーリーを描き出す。
Slick Rick, Ghostface Killah, Nasなどはヒップホップ界の中でも最も愛されているラッパー達であると同時に巧みなストーリーテラーなのだ。

ラッパー達は言葉を使って自分たちのストーリーを描き出しているが、BrooklynのTTKは本物の塗料を使用する。
彼のヒップホップとアートへの愛情を組み合わせた新しいコラムをFrank 151でスタートしてもらった。
それが彼の大好きなラップのリリックをビジュアルで讃える本シリーズ、『See What I’m Sayin’』なのだ。

Gang-Starr-DWYCK

DWYCK_

NICE & SMOOTHをフューチャーしたGangstarrのクラシック『DWYCK』のGuruのバースより < 2:16辺り>

“Lemonade was a popular drink and it still is, I get more props and stunts than Bruce Willis
<訳>「レモネードは昔からポピュラーな飲み物で今でも人気だ。俺はブルース・ウィリスよりもプロップス(リスペクト)とスタント(ギャル)をゲットする」

リリック前半は、古かろうか新しかろうが、良い物は良い、自分の味覚、感覚で答えを出せという今は亡きGuruのメッセージ。

後半はStill is と韻を踏んだWillisを使って人気ハリウッド俳優ブルース・ウィリスが映画で使うプロップ(小道具)とスタントをヒップホップスラングに引っ掛けて、自分がどんなにリスペクトを得て、モテているかという事を楽しいワードプレーで表現している。

Words and Artwork by TTK
Curated and Translated by Akeem the Dream

 

lemonade