【FRANK WEDNESDAY】
Staright Outta Compton channeling Boyz-n-the-Hood

【FRANK WEDNESDAY】
Staright Outta Compton channeling Boyz-n-the-Hood

【ネタバレ注意】 映画「Straight Outta Compton」についての考察

cover_nwa_panic_zone_macola_mrc_1034_1987_front_023

Straight Outta Compton はギャングスタ・ラップグループN.W.A.を成功に導いた重要なアルバムであるが、映画Straight Outta Comptonは社会論評としての役割を果たしている。それはアメリカの人種差別問題が大きく浮き彫りになった時代を背景にし、アメリカの黒人社会に対する警察によるもはやルーティーンワークとも言える暴力行為を題材としている。 警察による違法行為が横行する社会環境やハリウッドの煌びやかに光る丘によって隠されたコミュニティーに住む人々の不安、その中でN.W.A.として知られるアイコニックなラップ・グループのストーリーが描かれているのだ。

LOS ANGELES - JUNE 20:  Members of the band NWA; DJ Yella, Dr. Dre, Eazy-E and MC Ren pose for a photo outside of their office on June 20, 1991 in Los Angeles, California. (Photo by Michael Grecco)

注目度の高い作品である為、公開時の興行収入の予想額は$43,000,000 (約51億円)とされていたが、$29,000,000 (約34億円)で制作されたこのラップ・ドラマは、公開された最初の週末だけで$60,000,000 (約72億円) を売り上げボックスオフィス1位を記録した。2757の劇場で上映された本作は8月にリリースされたR指定の映画の中で、歴代5位をマーク。

Universal, Interscope, Beats by Dre, による盛大なマーケティングプランも功を奏した、映画の公開前日LAの空にCOMPTONの文字を浮かべComptonの場所と映画を宣伝。「Straight Outta Somewhere」のMemeは専用サイトから6,000,000ダウンロードを記録。Facebook Twitter Instagramでは二日連続でトレンドキーワードの1位を獲得し1分間辺り15,000 もの#straightouttacomptonのハッシュタグをつけたツイートが投稿されリツイートされ、#straightouttacomptonをメンションしているツイートは最終的に400,000ツイートにまで登ったという。

 

nwa-53a603c1f0672

F.Gary Gray監督によるStraight Outta Compton は音楽を志す5人の若者がいかにして社会から疎外された人々の声を伝え、音楽のサブジャンルとしての西海岸ギャングスタ・ラップを確立したかを描いている。社会/経済不安によるカオスの中、警察の暴力、ドラッグ、売春などが蔓延る市街地で強い信念と才能、成功を信じる執念を持ったキャラクター達がまるでシェイクスピアの物語の様に語られ始める…

MVの撮影、映画「Friday」の監督を務めた経験を持つGrayは本作にオールドスクール・ヒップホップ、フリースタイルやソウルを混在させストーリーラインの中に政治的な視点を忍ばせながらエンターテインメント性の高い感動的な作品に仕上げている。脚本にJonathan HermanとAndrea Berlof、プロデューサーにIce Cube とDr.Dreを迎えたこの作品は当時の伝説的なプール・パーティーなどを見せながらもウィットに富んだ皮肉を盛り込み少し古いタイプの映画のフィーリングを持たせ、ウェスト・コーストのヒップホップが確立していく舞台裏を見せてくれる。

NWA3

撮影監督のMathew LibatiqueはWattsから少し南に位置するカリフォルニア州Comptonで生活する若者の姿をストレートに撮っていて、彼らを取り巻くドラッグ・ビジネスの苦労、戦場で使用する様なLAPDの軽戦車による家宅捜索、外出禁止令、FBIからの脅し、ギャングの活動などがキャラクター同士のカジュアルなやり取りを通して理解出来る様な仕掛けになっている。

72cc91c983050afeabba

映画は冒頭からDr.Dre(Corey Hawkins), Eazy E(Jason Mitchell), Ice Cube (O’Shea Jackson Jr.アイス・キューブの息子)の生活に飛び込み、Dr.Dre は母親の期待する真面目な仕事を拒否し音楽活動に没頭する駆け出しのDJ、Cubeはシステムに反抗する手段として散文的なリリックを書き溜めるティーンエイジャーとして描かれ、サポートのMC Ren (Aldis Hodge) やDJ Yella (Neil Brown Jr.) が登場し、やがて最終的にグループの決裂に加担したとも言えるマネージャーJerry Heller (Paul Giamatti)が登場する。

NWA-1

1986年真っ黒のRaidersのウィンドブレーカーに身を包み、喧ましい音を掻き立てるラップグループN.W.A.はストリートの生活環境から抜け出すために結成された。1987年に立ち上がったRuthless RecordsはEazyとマネージャーHellerによって作られた。グループはすぐにファミリーとなり、数々の業界に有りがちな問題を乗り越え1991年の解散へと向かっていく。テンポよくストーリーが展開する中、ラッパーのIce CubeとDJ/ProducerのDr.DreがスタジオでEazy Eに今では既に名曲の「Boyz-N-the-Hood」のラップをする様に促す時、観客はEazyのハードなドラッグディーラーの一面ではなくソフトでユーモラスな部分を垣間見ることが出来る。そしてN.W.A.の名曲「F−k tha Police」を作曲するきっかけとなった警察による暴言と暴行のシーンは、今日の米国内の警察による人種差別問題と同じ性質であることは否定できない。

la-et-ms-times-vs-nwa-highlights-early-coverage-20150811

N.W.A.のリユニオンを控えてEazyがメンバーとミーティングを繰り返していた矢先にEazyがHIVウィルスに侵されて死んでしまう。監督GrayはEazyの死を尊敬をもって配慮した描き方をしているが、Eazyの多数の相手との乱雑なセックス関係については本作では言及していない、更には彼らの曲に幾度となく表現される女性差別的な歌詞についての言及も無かった。この部分は真実を重んじるラップ・カルチャーから逸脱していると言える。

12

前プロデューサーのBill Strausが書き始めた初校の中にはDreが1991年、ヒップホップ番組の女性ホストDee Barnesに対してパーティーの最中に暴行を働いたシーンが入っていたもののその事件は映画で描かれることは無かった、その他Tairrie Bというハードコアラッパーへの暴行事件も同じく映画からは省かれた。ストリートの生活の酷さと警察の違法な業務は鮮明に描いているが、更に女性に対しての当時の彼らの軽蔑的な姿勢をも鮮明に描けていれば、今日でも問題であり続けるDVや女性の抑圧に対する反省例となってくれたであろう。

straight-outta-compton-square

まもなくWatts暴動から50年、1992のLA暴動から23年が経つ今、Straight Outta Comptonという作品は今日の#Blacklivesmatter を中心とする運動と黒人差別問題との密接な関係をうかがえるが、映画のシーンはまるで現代の警察と黒人たちの間に巻き起こっている事態を見ている様だ。

批判的で潔癖性な評論家連中はN.W.A.を暴力をグラマラスに描く意味の無い狂気だとして目の敵にしたが、この映画を見るとその動機を与えたのは不当な警察行動だった事が分かる。映画では時代設定上Rodney Kingが登場するが、私たちは警察の手によってその命を奪われたEric Garner, Sandra Bland, Ezell Ford, Mike Brown, Kimani Gray, Oscar Grant, Shantel Davis, Akai Gurley, and Tamir Rice 達の事も決して忘れる事は出来無いのだ。

by Sarah Wolfson
Curated and Translated by Akeem the Dream

http://www.frank151.com

 

nwa-compton-rap-group-documentary-urbsocietymagazine-1