【FRANK WEDNESDAY】
ACTION BRONSON’S FALAFEL RECIPE

【FRANK WEDNESDAY】
ACTION BRONSON’S FALAFEL RECIPE

アクション・ブロンソンのファラフェルレシピ。

この2年間、赤い髭を生やした男Action Bronsonの勢いは止まることを知らない。有名なシェフから人気ラッパーになる過程で彼はPerthからParisまでのステージでパフォームし、おびただしい数のミックステープ、評価の高いアルバムを2枚、そして話題のEPを1枚リリースした。生活が急激に変化する近頃のActionだが彼の食への愛はいつでも一緒だ。そんな男ブロンソリーニョが忙しいツアー・とレコーディングの間を縫って、自分のファラフェル(ひよこ豆を使った中近東起源のコロッケ)のレシピを教えてくれた。

ActionBronson1_Nashish_FRANK151

材料

乾燥ひよこ豆 2カップ
玉ねぎ(みじん切り)小
パセリ(みじん切り)1/4 カップ
にんにく 4 かけ
小麦粉 小さじ 1と1/2
塩 小さじ 1と3/4
クミン(炒ったもの)小さじ 2
挽きコリアンダー(炒ったもの)小さじ1
ブラックペッパー (コショウ) 小さじ 1/4
カイエンペッパー 小さじ 1/4

1. 大きなボウルにひよこ豆を入れ、ひよこ豆が5cm位水に浸かる程度の冷たい水を入れる。
一晩寝かせた後に水を捨てる。または缶詰のひよこ豆を使用してもOK。

2. ひよこ豆と玉ねぎをフード・プロセッサーに入れ、その他小麦粉以外の材料を混ぜ合わた物も入れ、ブレンドする。

3. フード・プロセッサーの回転をパルス運転に下げペーストがボール状になって手につかいない様になるまで小麦粉をちょっとづつ入れていく。出来た生地をボウルにいれて4時間ほど冷蔵庫で冷やす。

4. 冷蔵庫からボウルを出し、生地をファラフェルサイズ(卓球の球ぐらい)のボール状にしていく。

5. 揚げ物用の鍋に7~8cmほどの深さになる位の植物油を入れて375F(約190度)まで温める。一個テスト用に入れて割れてしまう場合は小麦粉を加える。両面がきつね色になるまで数分かけて揚げていく。注意:一度に沢山のファラフェルを揚げない事。取り出してペーパタオルの上で休ませ、余計な油を取る。ブラントに火をつけてお召し上がれ。

IMG_2196

action-bronson-drug-shit-dj-semi-lead

Text by Frank151
Curated and Translated by Akeem the Dream