【FRANK FRIDAY】IO / Soul Long

【FRANK FRIDAY】IO / Soul Long

豪華制作陣が集うソロ・デビュー・アルバム。

日本版『ILLMATIC』”とのキャッチコピーが飛び込んできたのは昨年末。このワードには一瞬目を疑うほどの衝撃があった。ILLMATICとは94年にリリースされたNASによるヒップホップ史上において偉大なる1stアルバムだが、その名盤の日本版と謳うことは相当の自信と覚悟が必要だろう。さらにインフォメーションを読み進めると相当、豪華かつ説得力の湧くプロデューサー陣が参加していることが分かり、ざわついた気持ちが単純に期待へと変わった。

2014年リリースのフリーミックステープ”KOLD TAPE”、1st ストリートアルバム”BLAKK MOTEL”が立て続けに話題となり、極め付けとも言える2nd ストリートアルバム”KANDYTOWN×nosh / Kruise’”を2015年にリリースした世田谷区の喜多見出身者で結成されたKANDYTOWNの中心メンバーであり敏腕クリエーター集団BCDMG所属のラッパーがIO(イオ/アイ・オー)だ。その他にも肩書きは多く、ファッション誌のモデルや、フィルムディレクターとしても活躍している。なによりシティボーイを代表するような都会的で洗練された容姿も彼の魅力の一つだろう。

このような華々しい経歴を持ったMC/RAPPER IOのソロアルバムと誰しもが納得なプロデューサー陣が組み合わされば大きな期待をせざる得ないはずだ。

f56a879c65cd301

M1”Check My Ledge” はMASS-HOLEによるどっしりと地に足をつけたメロービーツにIOの話出しはとても滑らかでスムース、極上のフローは32小節をもあっという間に聞かせてくれる。フックの掛け合いの相手はなんと驚いたことに昨年に死去したYushi。はめ込んだピースが全体に勢いを与える。M2”Play Like 80’s”はKANDYTOWNのメンバーNeetzによるまさにKANDYTOWN節なアーバン・トラック。煌びやかなストリートの情景が浮かぶリリックが相性抜群だ。

KID FRESINOの2ndアルバム「CONQ.U.ER」に収録された”Special Radio ft. IO” も記憶に新しいこのタッグによるM3”Tap Four”はKID FRESHINO作の色気の強い美麗トラックが耳を奪う。2バース目には2015年5月に死去したDev Large氏へのリスペクトを込めたリリックも飛び出すスムースな作品。ボーナストラックとしてM11に収録されたKID FRESHINOが2バース目を担当したREMIXも合わせて聞いていただきたい。

Special Radio ft. IO

国内トップDJであり、トッププロデューサーとして安定感を増し続けるDJ WATARAIプロデュースM4 ”SO”は予想外なメロートラップとなっており跳ねるIOのラップが見事にはまっている。勝手な予想ではBOOM BAPな作品かと想像していたが、時代に沿うサウンドメイクでのアプローチは流石の一言だ。

M5”HERE I AM”は一聴でプロデュースはOMSBとわかるような存在感に溢れ、異様さと美しさを一つの世界観へと昇華しつつ、サンプルのクオンタイズを意識的に外した揺れは独特な価値を生み出している。この素晴らしいトラックにアンサーを返すような気合いが見え隠れするIOのラップの張りも圧巻だ。ちなみにこの二人は十代の頃から付き合いがあるらしく相性は抜群だ。

M6”119measures”はft.にKANDYTOWN。もちろんマイクリレーとなっておりそれぞれのバースは気合いに漲っておりGradis Niceのトラックをよりスリリングに仕上げている。

個人的に一番聴き込んでしまったM7”Plush Safe He Think”はなんとRHYMESTERことMr.Drunkによるプロデュース。ウエッサイ的重厚ベースが印象的なイントロから一気にスムースに持ち込むRARE GROOVEな美メロー上ネタにドラムブレイク古典”IMPEACH THE PRESIDENT”がハマりにはまった1曲。頭からストーリーを感じることのできるトラックだ。IOが用意した”街の鼓動、耳ヲ貸スベキ”のリリックも粋に響き、KANDYTOWNのメンバーRyohuによる心地よい歌声は心を和ませてくれる。

Yushiが生前に残したロストビーツM8”Soul Long(Skit)”から同タイトル、そして本作の目玉の一つとして挙げることができるKING OF DIGGIN’ことMUROによるプロデュース曲M9”Soul Long”へ。こちらはMUROらしいネタ選びと、大胆なループが真ッ黒スギルトラックだ。フックで登場するのはナント、ナントK.O.D.P.のメンバーで”Smile In Your Face”などの名曲を持つBOOによるソウルフルなボーカルだ。このコンビネーションが2016年に聞けることは大変感慨深いが、IO自身の魅力が大きな存在を突き動かしていることが何よりも素晴らしく思う。

ボーナス曲 M12. “Dig 2 Me Remix”でも男気溢れるホーンが印象的なリミックスを提供しているBCDMGのトラックメーカーJASHWONによるM10”City Never Sleep”はストリングス使いがIOが作り上げる美しい映画のワンシーンと共鳴するようなラストに相応しいトラックでクライマックスを迎える。


City Never Sleep

今回の記事を書くにあたり、今までに発信されているIOやKANDYTOWNの記事やインタビュー読み返し、重要なキーワードとして欠かせないのが”Yushi”だろう。”Yushi”とはドカット(ex.ズットスレテルズ)の名で活動をしていたことでも知られ、KANDYTOWNの精神的支柱として、先導者として大きな役割を担っていた人物だが、2015年2月に若くして惜しくもこの世を去ったのだ。その彼の1周忌に当たるのがIO/Soul Longの発売日2/14なのだ。まだアルバムを手にしてない方はこのアルバムには意志、意味、意図のある作品であることをあらかじめ知っておいて頂きたい。それを知って聞くことでこのアルバムは深みを増すことになるだろう。

Text by Sir Y.O.K.O.PoLoGod.

IO(KANDYTOWN / BCDMG)/ SOUL LONG

TRACK LIST :

1. Check My Ledge (feat. YUSHI) / Produced by MASS-HOLE

2. Play Like 80’s / Produced by Neetz

3. Tap Four (feat. KID FRESINO) / Produced by KID FRESINO

4. So / Produced by DJ WATARAI

5. Here I Am / Produced by OMSB

6. 119measures (feat. KANDYTOWN) / Produced by Gradis Nice

7. Plush Safe He Think / Produced by Mr. Drunk

8. Soul Long (skit) / Produced by YUSHI

9. Soul Long (feat. BOO) / Produced by MURO

10. City Never Sleep / Produced by JASHWON

-Bonus Track-

11. Tap Four Remix (feat. KID FRESINO) / Produced by KID FRESINO

12. Dig 2 Me Remix (feat. Big Santa Classic, MUD) / Produced by JASHWON

All Songs Mixed by I-DeA for flashsounds @FLS 5th Lab

Executive Producer: JASHWON

Co. Producer: BOMBRUSH

スクリーンショット 2016-02-19 13.33.48

スクリーンショット 2016-02-19 13.32.49

スクリーンショット 2016-02-19 13.35.32