【FRANK FRIDAY】
Kick a Show / RIDE or DIE EP

【FRANK FRIDAY】
Kick a Show / RIDE or DIE EP

日本のクラブシーンと一言でいっても様々だ。ジャンル、メジャー、インディーズ、インターネットなどシーンは広大だ。上澄みだけでも膨大な量の情報を得ることができるが、さらにより深く掘り下げることで面白いアーティストに当たることもある。今回紹介するKick a Showとそのバックを固めるクルーY2FUNXはクラブシーンを深く掘り下げてぶち当たった喜び、見つけた嬉しさ、その醍醐味を凝縮したようなアーティスト達なのではないだろうか。

 

S__3850338

東京を中心とした精力的なパーティーへの出演、2015年、Road to OUTLOOK決勝への出場。ZEN-LA-ROCKとのコラボCD等で名を広めてているのでもちろんご存知の方も多いとは思うが、Y2FUNXはトラックメイカー、プロデューサーのSam Is Ohm、アルバムTHE MATERNITYで一躍注目を得た蝉丸、DJで神南のセレクトショップ「N id 」のスタッフとしても知られるJuicy Jun、トラックメイカーでDJのFreshman、そしてクルー内でも最も若いシンガーKick A Show。等多数のメンバーで構成される新進気鋭のサウンドチーム。彼らの音楽スタイルはGhetto Tech、Twerk等のHIPHOP寄りなBASS MUSICを主体としており、DJプレイも威勢が良く面白い。そんな彼らが自信を持って送り出したKick a Showの4曲入りEPは日本の音楽シーンの足元をすくう内容となっていてじわじわと話題となっている作品だ。今回は普段の曲紹介に加え、FRANK FRIDAYに合わせ本邦初公開となる”RIDEorDIE”、”友達以上恋人未満”のミュージック・ヴィデオ2本(Kick a Showの好意により実現)の初披露、最後には初インタビューも掲載しているので初尽くしなFRANK FRIDAY、是非最後までチェックして頂きたい。

M1”Ride or Die”

オートチューンの効果もありアーバンに響くイントロのメロディからスナップの効いた音数の少ないシンプルなビートにKick a Showのリリックが素直に耳に入り込む。「また朝が来ると思い出す でも頭の中は君のケツ All day ケツ」、「何乗りたい? マスタング?コンチネンタル?『ガンタンク?』」 など後半に差し掛かるにつれリリックの様子がおかしくなってくる感じもついついニヤけてしまう。本人出演のMVも東京のネオン、街の距離感がアーティスティックに描かれており絶妙だ。

 

M2”Dream State Of My Mind”

タイトルの雰囲気通りドリーミンなトラックに、玉置浩二フィーリンなメロディがたまらない作品。
「僕」で始まっているが語尾は「の」で踏んでいるあたりがなんとも中性的で面白い。

 

M3”Listen To Music”

GAME MUSIC的な雰囲気の上ネタがDeepさを演出する好トラック。歌詞自体は音楽性を表しているストレートな作品。「だからFeeling Feeling Feeling in the music. Shaking Shaking Shaking in the music. 僕は日本語じゃ上手く歌えない 歌えない Keep Keep Keep Keep on moving. To night To night To night well danceing. No doubt No doubt No doubt No doubt. Supernova… 」のフックが印象的。

M4”友達以上恋人未満”

コーラスにSam is Ohm、Juicy Junが参加したメロディックなソウルチューン。R&Bベースなのだが女性側の気持ちを歌った様な歌詞となっており実に不思議なタイトル。オートチューン未使用なのもポイントとなっている。現場で耳にする事も増えてきたEPの中でも人気あるタイトル。アニメーションもコラージュされたカラフルポップなMVも見応えのある出来栄えです。

 

以上4曲EPはY2FUNXのBANDCAMPのみでの販売だったがitunesでも購入が可能となっている。

 

KICK A SHOW INTERVIEW by Sir Y.O.K.O.PoLoGod.

Q:Y2FUNXとの出会い、加入したのはいつ?

Kick a Show「僕は2015年の4月に加入しました。Y2FUNXができる前に地元新潟市で2個上の先輩たちが開催していた人気パーティー”パラボラ”によく遊びに行っていたのが出会いのきっかけですね。お前いつも一緒にいるからもうY2FUNXでイイだろうって言われて入った感じです。」

 

Q:元々地元では音楽活動はしていたの?

「いや~全くしてないです。DJくらいですかね。これがDJかってくらいのテンションでした。」

 

Q:どんなDJスタイルだったの?

「元々はHIPHOPですねMIDDLE SCHOOLとかNEW SCHOOL、あとはTodd TerjeとかNu-Discoです」

 

Q:へぇ~ すごく意外だね。今はどんな音楽を聴いてる?

「現行のHIPHOPとWEST COASTノリの物が多いです。特にZapp & Rogerみたいなトークボックスが入ったFUNKを良く聴きます。」

 

Q:歌い始めたきっかけは?

「きっかけは特に無いのですが、Sam is Ohmから「僕は歌を歌いたいから、オケさえあれば歌えます!」とは言ってまして笑 いざ作ったらノリノリになってくれてリリースに至りました。強いて言うならきっかけは、Y2FUNXのみんな(ロンドンのChupacabrasmanや新潟の蝉丸、Freshman)でRecした時に僕の歌が好評だったので、こりゃ歌うしかねぇと思ったからです。」

 

Q:Y2FUNXは制作スピード早いよね。制作環境はどんな感じ?

「Y2FUNXのトラックメイカーSam is Ohmのスピード感があってこそだと思います。イントロからフックまでの1分30秒くらいのオケを僕の携帯に送ってきてくれるので、帰ってシャワーを浴びながらメロディを考えますね。良いメロディが浮かんだらiphoneにボイスメモして、それをOhmさんのスタジオでRecします。」

 

Q:シャワーを浴びながら?笑

「僕はシャワーを浴びながらだとメロディが浮かびやすいんです笑」

 

Q:シャワーで作ったメロディもいい感じだし、歌詞の世界観も面白んだけど意識してる事はある?

「普通の歌詞も出てくるんですが、リスナーが聴きやすいのってなんだろうって考えた時に下ネタが出てきたりするんですよ。僕の中では。」

 

Q:英語の歌詞が多く多用されてるけど英語は話せるの?

「いや、喋れないんですけど、自分で書いています。あってるか不安ですけど笑」

 

Q:EPの3曲目 Listen To The Musicの歌詞で”僕は日本語じゃ上手く歌えない”って言ってるけど、あれメチャクチャ面白いよね。

「日本語だし笑 ありがとうございます。」

 

Q:恋愛の歌詞が多いけど、歌詞を書いてる時に思い浮かべてる女の子とかいる?

「そうですね、、、特に居ないんですよね。男の人目線でも女の人目線でも歌詞を書いてる時は具体的な女の人は居ないですね。」

 

Q:もうちょい突っ込んだ質問だけど、今気になる女性の存在は?

「特に今は居ないです。色々と出会いはあるんですけど、休日デートの予定も無いですね。自分からガツガツ行くタイプでは無いですが、彼女が欲しいって気持ちはあります。」

 

Q:リリース以外の活動はどんなことをしてるの?

「LIVEはもちろんですが、最近はDJのサイドキックを良くやってます。3/26(SAT)のVISIONのパーティーでも一夜丸ごと僕がDEEP SPACEの司会を任されるっていう日もあります。そういえば前に機材トラブルでフロアの音が止まった時に5分間エア TURN UPで繋ぎました笑」

 

Q:エアTURN UPってなに?笑

「MCだけでお客さんを煽るんです。「DJで盛り上がる準備はできてるのか? 3.2.1. Turn Up!! 」って感じで 笑」

 

Q:今回公開されたMVについては何かありますか?

「僕の歌詞は想像の世界に近いので、MVはアート的に見せていきたいですね、想像の世界をうまく表現したいです。」

 

Q:”RIDEorDIE”のMVは都会的な雰囲気とドリーミンな世界観にアートをうまく溶け込ませていますね。誰が作ってるんですか?

「motherfuckoさんと、Takuto Shimpoさんの2人による映像ユニット「TUA」っていう名義で活動している映像クリエーターです。ディレクション含め、彼らは全部0の状態から仕上げますし、カメラ技術も素晴らしいので、今後とも一緒に名が世に知れ渡らせていけたらと思ってます。」

 

Q:今後の活動、目標などあれば教えて下さい。

「そうですね。今年中には音楽で割と露出できるようには成りたいなぁとは思ってます。もう少し4曲入りのEPを出し続けて、アルバムまでいきたいですね。あとマイクとオートチューンも買ったのでもっとLIVEもやりたいです。まだ言え無いんですが、他のシンガーさんやラッパーさんの作品にフューチャリングで参加しますので今後、ご期待ください!」

 

Text by Sir Y.O.K.O.PoLoGod.