【FRANK FRIDAY】
DUPPIES BAND / LIGHT UP THE DARKNESS

【FRANK FRIDAY】
DUPPIES BAND / LIGHT UP THE DARKNESS

selecr_waifu2x_photo_noise3_scale

卍LINE主宰のAMATO RECORDZより。DUPPIES BAND約3年ぶりのニューアルバム。

自分自身が今まで聴いてきた音楽ジャンルの中でもトラディショナルな音楽として耳に焼きついているのがDUBの存在。DUBはとても広義な意味合いを持つが、リズムやメロディに対して施されたエコー、リバーブなどのエフェクトは残響音としていつまでも響き、それがとても心地よい。68年にジャマイカのエンジニア、キング・タビーがスタジオ作業中に偶然に発明したとされているがREGGAEのサウンドには欠かせない一部となっている。もちろん様々な他ジャンルにも流用されているのだがやはり本流はREGGAE。中でも別格の心地よさを持つのは生演奏で作られるインストルメンタルのDUB作品だと私は思っている。本国ジャマイカはもちろんだが、日本にも当然DUBバンドは存在する。ご存知の方が多いと思うがMUTE BEATDRY&HEAVYは過去に多くのクラシックスを生んでいる名バンドだろう。途切れることの無い日本のDUBカルチャー、2016年にもDUB バンドによる新たなクラシックスを耳にすることができた。

20160610_184421_size640wh_4042

DUPPIES BANDは日本のレゲエシーンの創世記から活動をはじめたバンドの屋台骨、ドラマーKANG DONG、90年代にラスタカルチャーに目覚めたキーボーディストJAH KENRO、アパレルブランド”DUPPIES”のディレクターでもあるベーシストRED∴、数多くの海外アーティストと共演を果たしているギターリストTHE K、REGGAE DISCO ROCKERSCOOL WISE MAN等のレコーディングセッションにも参加しているサックスフォニスト西内徹で編成され、そしてDUB MIXを担当したDRY&HEAVY内田直之が参加している。まさに”わかっている”このメンバーが生みだしたインスト・ダブのアルバムが2016.6.19にリリースされる。

リリースのキャッチとして使われている「CDで聴く7インチレコード」の意味は実際に聴けばよく分かる。ソウルフルでヘヴィーなベースライン、浮遊感の高いDUB、レイドバックされたグルーヴ感、心安らぐメロディと全ての演奏が完璧に混じり合い、太く鳴るサウンドはまるでヴィンテージの45’S(7インチ)の音質の様だ。REGGAEファンはもちろんだが、都会的なメローグルーヴM2”WHITE RAVEN”、M3”TURN YOUR HEAD AROUND”はLIGHT MERROW、HIPHOPなど普段REGGAEに触れていない音楽ファンにもチェックしてもらいたい至極のナンバーだ。個人的にはヘヴィーなドラム、ベースがフロアを揺らすであろうクラブユースなM6”RUN TO THE HILLS”は現場でプレイしたいお気に入りの曲だ。今後、末長く聴けること間違いのない全7曲。

Text by Sir Y.O.K.O.PoLoGod.

 

 

DUPPIES BAND / LIGHT UP THE DARKNESS

TRACK LIST :
1. GHETTO GUN
2. WHITE RAVEN
3. TURN YOUR HEAD AROUND
4. THE MAN WITHOUT A SHADOW
5. THE CASTLE MADE OF TEARS
6. RUN TO THE HILLS
7. FOR THE DUB OF YOU

 

_INFORMATION

AMATO RECORDZ

 

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31