【FRANK WEDNESDAY】
WIZARDSKULL GETS WEEEEEIRD

【FRANK WEDNESDAY】
WIZARDSKULL GETS WEEEEEIRD

by ERIC DUCKER

Wiz4

Wizardskullの超ウィィィィアーーードな世界

WizardSkullはポップカルチャーのヒーローをフリーキーに変形させる作風で現在NYを中心に活動するアーチストでZine作家だ。例えばTupacがフレンチフライをブリーフ・パンツのウエスト部分にパッキングしていたり、ひとまねこざるに出てくる黄色い帽子をかぶったおじさんが像のバーバーのお尻に頭を突っ込む様子などが描かれる。更に出会い系アプリのプロフィール写真に見受けられるピザや銃を持ってポーズを決めるトレンドをカタログ化した「TInderで見つけた___してる女性たち」というZineのシリーズも発行している。もっと彼の狂気を味わいたい人はブルックリンのGrumpy Bert Spaceで今週オープンしたClown group showをチェックしてみて欲しい。私たちは彼にバート・シンプソンを描き始めた理由、やTinderはやった方が良いのか?などの質問をする為にEmailしてみた。

あなたの美意識を説明するとどんな感じ?
ユーモラス、又は不気味な意味を成さないけど意味を成すドローイング。

両手を使ったドローイングスタイルはどの様にして生まれたの?
パファーマンスアートに興味があって、それの影響だと思う。よくイベントで人のスケッチブックに絵を描く様に頼まれるんだけどその時、作品にパフォーマンス性を足すためにやり始めた事なんだ。

あなたの作品の中でなぜポップカルチャーがそこまで大きなインスピレーションになっているの?
自然にそうなったんだよね。アートを作り始めた最初の10年間はポップカルチャーのキャラクターはほとんど描かなかった。2009年以前に手掛けた200以上のスケートボードのグラフィックとZineを見てもらうとわかるけど、世間に知られたキャラクターは描いた事はなかった。今はアートを作る時にポップカルチャーを使うけど、それがアートを作るインスピレーションではないんだ。いつだってアートを作りたいという気持ちはあって、最近はポップカルチャーを使ってアートを作ることにハマっている。

あなたが作品を作る時、どのポップカルチャーをレファレンスするかはどの様にして決めてるの?
どっかで座ってプランを決めて作るわけではなく、何かのアイデアを思いついた所から徐々に作っていく感じかな。色々な所でインスピレーションを見つける事があるんだ。美術館でM&Mのチョコレートを作品に利用しているのを見て凄くアホくさいなと思ったんだけど、その時から自分の作品にもM&MのキャラクターやM&Mのチョコレートを足すようになった。若い時M&Mの工場で働いた事があって今でも良く食べてるよ。クリスピーM&Mが一番好き。

Zineに登場する女性の人と出会った事はある?
Zineを作っている時は、誰かとマッチしたくてアプリを触っていたわけではなかったので、出会った事はないよ。

Tinderのプロファイル写真の最近のトレンドは?
Tinderは最近辞めたんだ。みんな辞めた方が良いと思う。

新しいZineのアイデアが浮かんだら、完成するまでどれくらいの時間をかけるの?
題材にもよるけど新しいシリーズを作る場合は1か月くらいかかるかな。LAとNYのアートブックフェアやその他のZineの集まりに参加しているから、それに行く時は新しい作品を作って持って行く。

アートを売る時の手法やフォーマットはどのようにして選んでいるの?
自分にとっては一点物の絵やドローイングを制作するのが一番楽しい。PCを使う事は好きじゃないんだけど、ステッカーやパッチを作る場合はデジタル化する必要がある。ステッカーを封筒に入れたりする作業より、絵を描いている方が好きだから、最近はあまりプロダクトは作ってないね。でもステッカーやピンなどチープで買いやすい物を使って自分の作品を他人とシェアする事は多い。たまにその作業を買って出てくれる人も居て凄く助かる。

他に作ってみたいと思っているプロダクトってある?
今は作品だけを作りたい。

 

ORIGINAL ARTICLE  by FRANK151
Curated and Translated by Akeem the Dream