【FRANK WEDNESDAY】
YOUR GUIDE TO GETTING HIGH AT COACHELLA

【FRANK WEDNESDAY】
YOUR GUIDE TO GETTING HIGH AT COACHELLA

コーチェラ・フェスでハイになる為のガイド

drugguide_coachella_2 2

いくらコーチェラのフェスは音楽が素晴らしいと言えど、実際の所その体験は多かれ少なかれドラッグに頼っている部分がある事は無視できない。

フェスのドラッグカルチャーは激しい。コーチェラは三日間の飲酒と喫煙によって筋肉の力が抜け、心は眠らず、砂漠の乾燥した日差しに肌が溺れる。間違えないでほしい。摂取するドラッグとアルコールは熱狂的な体験のほんの一部である… 。がその一部が持つ意味は大きい。

コーチェラの体験は酩酊した度合いで測ることはできない。だが2年間完全なシラフを突き通している自分に言わせてもらうと、気まぐれなインディオの冒険に連れて行ってくれたドラッグを摂らないコーチェラにはそこまで魅力を感じることができない。だからシラフになってからはコーチェラには行っていない。

エクスタシーを6錠摂取していなければ、誰でもバスタブに入って濡れたタオルを上に巻いて寝る事を快感となんて思わないだろう。同様にドラッグが蔓延するフェスで流行する恐ろしい面がある。ドラッグの併用は病院行きになってしまったり、人生で最悪の旅(もちろん旅行の事ではない)になる事もある。

自分はこの分野で、多くの経験を積んできた。コーチェラの体験を最高なものにするモノから悪夢のようにするモノまで、私のドラッグに対する意見を贈らせていただきたいと思う。入場する際は想像力を使って、気を付けて自分のドラッグを隠し持って入ってほしい。

drugguide_coachella_1 2

THE GOOD

Molly
MollyとはMeth(覚醒剤)などの不純物で割っていない高純度のMDMAの事を言う。Mollyはコーチェラの土曜日に摂るのが理想的だ。日が落ちていくと、コーチェラに来ている客の目が純度の高い快感で頭の奥の方に隠れていくのが伺える。照りつけていた太陽が鎮まり、涼しい砂漠の風が吹き始めるとお気に入りの音楽を聴きながらおしゃぶり(あーそうですよ!)を噛んで、まわりに居る人々をどれだけ愛しているか告げたくなる。

Weed/Wax
明らかな理由でWeedとコーチェラはとても相性が良い。昼間のフェスはとてもリラックスしたムードなので、Weedを楽しむにはうってつけだし、Weedは誰でも社交的に参加できる。もし自分がまだ喫煙していたら、G-Penを使っていたであろう。Weedの大きな袋を持つより簡単に隠せて一日中ハイでいられる。今年はブラントより人ごみの中にその青い小さなライトを見る事が多いだろう。

Acid
幻覚剤は難しい時もあるが、正しいやり方(ポジティブな気持ちを保つ事と摂り過ぎない事)をもってして摂取するとフェス系ドラッグの中でもっとも素晴らしい効果を得る事ができる。このドラッグの持つライティングなどによるビジュアル効果と刺激に驚く事は間違いない。その強さにだけは覚悟していてほしい、そしてドラッグを摂っている事を忘れないで落ち着いてほしい。

Cocaine
あまり好みのドラッグではないが、激しい疲労を伴いながらも一晩中起きている事ができる。

Alcohol
アルコホーリクス・アノニマスの集会で言われた事を引用すると、アルコールはドラッグの一種だ。コーチェラではあらゆるところで摂取されている。会場周辺で行われるパーティー、ビア・ガーデン、または、コンタクトレンズの大きな溶液の中に入れて会場に持ち込まれたりする。砂漠の激しい暑さの中で酔うには少し努力が必要だが、冷たいアルコール入りのカクテルはパーティ気分を刺激してくれる。

drugguide_coachella_3 2

THE BAD

Mushrooms(毒キノコ)
液体型の幻覚剤であるAcidとは違い、Mushroomはその日摂取したフローズンレモネードやトウモロコシを全て嘔吐する可能性がある。砂漠での嘔吐は楽な事ではない。Mushroomは一般的にメンタル的、身体的に負担が大きなドラッグとされている。汗まみれのフェスでは乾燥して空を飛んでいるような気分で居たいはず、足に土嚢の足かせを引きづり自分の内面について問いかけたり、なぜ人類が存在するのか?などと自問自答する様な面倒くさい行為は誰でも避けたいだろう。

Meth(覚醒剤)
コーチェラに行く場合恐らく誰でもなるべく良い印象を残したいと思うだろう。覚醒剤を使用する事によって出る吹き出物は是非とも避けたい。吸引用のガラスパイプは意外と壊れやすいので、持ち込むのも困難だ。

Benzos: Xanax, Klonopin (向精神薬
Benzodiazepine またの名Benzoは素晴らしくリラックスしたフィーリングを提供するが問題は何も覚えていられないという事だ。15m先から撮ったボケボケのWu-Tangの写真以外、週末の三日間の為に支払った$500(またはそれ以上)分の思い出は作れないだろう。

Heroin
Heroinをやっている人自身は純粋なエクスタシーが体を駆け巡り、自分が持っていた全ての問題が消え、身体中の筋肉がスパゲティの様に柔らかくリラックスし壮観な体験をするが、問題は他人から見るとただ単に居眠りしている様にしか見えずに迷惑である事と、次のヒットをいつ摂取できるかばかり心配して周囲を困らせる事だ。

 

ORIGINAL ARTICLE by by Paloma Elsesser / FRANK151
Curated and Translated by Akeem the Dream